「G633s レビュー」確実に上達する!完璧な7.1chゲーミングヘッドセット「ロジクール」

イヤホン、ヘッドホン

Youtubeでも公開中!

「G633s」7.1chが優秀すぎて上達間違いなし!サラウンドやマイク性能を徹底解説!「レビュー」

みなさんこんにちは!

よっし
よっし

最近据置からPCへ移行した管理人よっしです。

ゲームと言えば音。

特に流行りのAPEXやフォートナイトは足音、銃声の音が超重要です。

そこで必要となってくるのがゲーミングヘッドセット。

最近は比較的安価で7.1chバーチャルサラウンド搭載のヘッドセットが多くなってきており、初心者でもお気軽に購入出来ます。

よっし<br>
よっし

1万円前後で買えるゲーミングヘッドセットが多くなってきたね

友人1
友人1

ゲーミングヘッドセットはマイクも付いてるからお買い得だよね

で、僕は今までPS4純正の7.1chバーチャルサラウンドのヘッドセットを使ってきましたが

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
よっし
よっし

PCへ移行と同時にPC用のゲーミングヘッドセットも買うか

ということで購入したのが今回レビューしていく

ロジクールのG633sゲーミングヘッドセット。

これが想像以上にしっかりしたゲーミングヘッドセットで本当に良い。

この記事ではロジクールG633sゲーミングヘッドセットを開封、実際に何日か使ってみたので使用感、気になる点をレビューしていきます。

スペック

まずはG633sのスペックからみていきましょう。

スペック
オーディオ 7.1chサラウンド
ドライバー 大口径50mm
イヤーパッド メッシュタイプ
RGBライト 1,680万色
マイク あり
接続 USB or 3.5mmケーブル
プログラムキー カスタム3つ

音は当然の7.1chサラウンド。

ドライバー(スピーカー)は50mmと大型で、迫力あるサウンドに期待。

G633s本体はRGBライトで光らせることも出来るので、より「ゲーミング」っぽさが際立ちますね。

説明文にノイズキャンセリングと書かれていますが、これはマイクの雑音を消すノイズキャンセリング。

SONYやBOSEの周りの音を消すノイキャンではないので注意。

よっし
よっし

この表記ほんと紛らわしいから止めてくれないかな

ちなみに同じロジクールのゲーミングヘッドセットにG933sがありますが

これはワイヤレスか有線かの違いで基本性能は同じ。
(G633sが有線でG933sが無線)

だから同じ目線で読んでもらって問題ありません。

開封

ではG633sを開封していきましょう。

ロジクールの箱はゲーミングらしさが際立っていてテンションが上がりますね。

箱を開けると本体と付属品の登場。
見ていきましょう。

付属品

付属品です。

  • 本体
  • PC接続用USB
  • 3.5mmケーブル
  • 説明書
  • オシャレシール

という内容。

よっし
よっし

ザ・シンプル

純粋にPCで使うときはUSB接続、スマホやPS4などの据置機で使うときは3.5mmケーブルで使用出来ます。

説明書もめちゃくちゃシンプル。

なんとなく直感で分かりますが、もう少し詳しい内容書いても良いんじゃないかな笑

本体を詳しく見る

では本体を詳しく見ていきましょう。

・イヤーパッドはメッシュタイプ。蒸れにくくて良い。
・トップは低反発っぽい素材

・伸縮は結構大きく開く
・マイクは収納式

よっし
よっし

実際に装着した感じも見ていこう

なんか重厚感ありますよね。

決してスリムとは言えませんが、特別感があってカッコ良い。

ちなみにマイクは口元まで少し曲げる事が可能。

よっし
よっし

やっぱマイクは口元まで来ないとね

そして光ります。

色の調整は専用ソフトでカスタマイズ可能。

使う準備編で解説しています。

プログラムボタン

G633sには本体にプログラムボタンが付いています。

  • 音量調整
  • ミュートボタン
  • G1~G3ボタン

が付いていますが、カスタム出来るのはG1~G3のボタン。

デフォルトではイコライザーサイクル、サラウンド切替、RGBライトの光量調整ですが、専用ソフトでカスタマイズ可能。

設定方法は使う準備編で書いてます。

重量

重量も量りました。

重量は340gと、なかなかヘビー。

軽いヘッドホンで250g程なので、G633sはふつーに重い部類。

長時間使用でどうなるか。逆に楽しみではある。

使う準備をしよう

G633sゲーミングヘッドセットは使う前に準備が必要です。

専用ソフトをインストールしないとG633sの本領を発揮出来ないので必ずインストールしましょう。

Logicool G HUBをインストール

ロジクールのサイトから専用ソフトG HUBをインストールしましょう。

ダウンロードはこちら
※リンククリックでDLページへ飛びます。

起動すると繋いでいるロジクール製品が表示されます。

別ソフトでLogicool ゲームソフトウェアがあります。

G HUBはこのLogicool ゲームソフトウェアの新しいバージョンなので、インストールすると自動でデータ移行されます。

設定などは引き継がれるので、よほど拘りが無ければG HUBを使いましょう。

7.1chを有効にする

これです。
これやらないと全く意味がないので必ずやりましょう。

サラウンドをオンにすると細かい設定が出来るようになります。

音量はデフォルトで最大の11で、自分で設定も可能。

ですがまあこれは弄らなくてもいいかな。

この状態でバランス取れているので、変に弄ってバランス崩れても意味ないからね。

その他の

  • マルチチャンネル
  • DTSスーパーステレオモード

は正直違いが分からん。(汗)

まあゲームやるならゲーミングモードで、DTSスーパーステレオはオフでも問題ないと感じます。

好みにカスタマイズ

専用ボタンに振り分けてみましょう。

ボタンはG1~G3に振り分け可能。

キーボードのキーを振り分けることも可能で

G1ボタンを押してジャンプ!

なんてことも可能。
不便すぎてやらんけど笑

僕はあまり使うことがないのでデフォルトのままですが、自分好みにカスタマイズ出来るのはゲーミングっぽくて嬉しいですね。

RGB

RGBライトも設定出来ます。

RGBライトは1,680万色という驚異の表現力。

自分好みに細かくカスタマイズしてみましょう。

よっし
よっし

僕は紫がカッコ良い

実際に使用してみた

実際にG633sを使ってFPS(APEX)をやってみました。

今までも7.1chのヘッドホンを使っていましたが違いはあるでしょうか。

よっし
よっし

検証します

音の方向がハッキリ分かる!

いやぁこのG633s。想像以上に良い。

7.1chサラウンドを有効でゲームをプレイすると音の方向がハッキリと分かります。

前、左右、後ろ、上下がかなり分かりやすく

特に上下左右はハッキリと聞こえます。

比べて真後ろはちょっと分かり辛いかな。

よっし
よっし

とはいえ7.1ch性能は物凄く良い!

そして50mmの大型ドライバーの恩恵か、迫力が凄い。

低音が結構強く出る為、銃声や足音の迫力があります笑

まあ低音は弱くしたり調整出来るので、大げさすぎると感じる人は低音を弱くするのもありですね。

で、7.1chサラウンドをオフにするとその差をハッキリと体感出来ます。

360度音が分からないことも無いですが、確実に方向は分かり辛くなっています。

今まで使っていたPS4純正の7.1chはオフにしても大して差がありませんでしたが、G633sは確実にオンオフで差があります。

ゲームで使用するときは7.1chで使いたいですね。

着け心地

着け心地は結構良いです。

最初は締め付けが強いという印象でしたが、実際頭に装着してみるとそこまで違和感を感じませんでした。

よっし
よっし

3時間続けて着けてたけど痛くならなかったよ!

メッシュタイプのイヤーパッドも最初はどうなの?と思っていましたが、これはこれで長時間着けていても蒸れないのであり。

重さも340gのヘビー級ですが、思ったほど疲れないですね。

さすがのロジクール製ゲーミングヘッドセット。

実際に着けてみるとゲーム向きのヘッドセットだな。というのが実感出来ます。

マイク性能

マイク性能も良いです。

口元まで伸びるタイプのマイクなので、イヤーパッド付近に内臓されているタイプのヘッドセットと比べるとクリアな音質になります。

マイク性能の一つとしてノイズキャンセリング(スマホなどにも付いてる)が搭載されているので

周囲の雑音を消して相手に音声を届けてくれます。

VCをしている友人にも

友人1
友人1

声聞きやすいね

と言われています。

実際のマイク音声は動画にもしているので、ぜひYoutubeのほうもご覧ください。

気になる点

G633sは個人的にかなりお気に入りになりそうなゲーミングヘッドセットですが、良い事ばかりではありません。

気になる点も書いていくので参考にして下さい。

7.1chはPCでしか使えない

これが一番の問題じゃないかな。

ロジクールのゲーミングヘッドセットシリーズに言えることですが、先ほど書いた「G HUB」という専用ソフト前提のヘッドセットです。

つまりPS4・5、Switchでは7.1chが使えず、2.1chになってしまうということ。

当然PS4やSwitchではRGBライトの設定も変更できず、3.5mmケーブル接続だと発光すらしません。(電源供給がないから当然)

Amazonで「ゲーミングヘッドセット」で調べると真っ先に上に上がってくるロジクール製品ですが、PS4などの据置機で使用する予定なら注意が必要です。

G633sは2.1chモードでも音の方向は分かりやすいですが、本領発揮できないのでちょっと勿体ない気がしますね。

据置機でゲーミングヘッドホンが欲しい人はこのように

据置機でも7.1chが使えるヘッドセットを選んだ方が無難かもしれません。

重さについて

これはさっきから書いてますが340gは重い。

軽いヘッドホンも持っている僕からすると、手に持った瞬間から重さが分かります。

実際頭に着けて長時間プレイしてもあまり疲れませんでしたが、軽ければもっと疲労感は軽減されるのでちょっと気になる点。

まあこれはカスタムボタンやRBGライトなど、多機能さの代償ですね。使える機能が多い故です。

ちなみに光らないしカスタムボタンはありませんが、同じロジクールでもG433は軽いです。

まとめ

7.1chサラウンドのヘッドセットとしてはかなりの高音質で大満足です。

加えてRBGライトやカスタムボタンなどの”ゲーミング”らしさの演出も良し。

値段も1万円程で初めてのゲーミングヘッドセットとしても良心的な価格ですね。

ちょっと重いのだけは気になりますが、実際に装着してしまうと不思議とあまり気にならないので良しとしましょう。

ということで今回は

「G633s レビュー」確実に上達する!完璧な7.1chゲーミングヘッドセット「ロジクール」

のレビュー記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

では、またの~

コメント