安すぎ!Anker Soundcore miniの魅力「レビュー」

スピーカー

みなさんこんにちは!
管理人のよっしです。

この記事の前にANKER SoundCore2をレビューしましたが、低価格なのに非常に音質が良く満足できるBluetoothスピーカーでした。

ANKERのSoundcoreシリーズはイヤホン、スピーカーなど種類があり、その中で小さいサイズのBluetoothスピーカー

Anker Soundcore miniがあります。

よっし
よっし

小さいからmini。単純だ

前に紹介したANKER SoundCore2の半分くらいの大きさで、どこに置いても邪魔にならない大きさです。

そこで今回紹介するのは
Anker Soundcore mini

ちなみにSoundcore mini2も発売されていますが、今回買ったのは無印のmini。

友人1
友人1

なんで2じゃないの?

よっし
よっし

ちゃんと理由はあるよ!

ということでAnker Soundcore mini買った理由と、実際に使った感想をレビューしていきます。

なぜ2ではなく無印を買ったのか

まず初めになぜ新しいSoundcore mini2があるのに、無印のminiを買ったのかというと、値段が破格に安いという理由があります。

8/2日現在、Amazonの価格を見ると

新しいSoundcore mini2が3,999円

旧型のSoundcore miniが2,399円

約2千円の差があります。

そして上位機種のSoundcore2の価格が4,999円。
Soundcoremini2とSoundcore2の価格差が約1,000円

よっし
よっし

じゃあSoundcore2買うわ

と思ってしまいました。

ただ無印のSoundcore miniと上位機種のSoundcore2で比べると価格差は約2倍あるので、これならmini買っても良いな。

ということで無印miniを買った訳です。

まあ二つスピーカー買う意味とは?
と言われると無言になってしまうので聞かないで下さい。

よっし
よっし

でも2千円代で買えるって考えると良くない?

実際mini2と無印miniの違いと言えば防水の有無くらいなので、無印miniで十分かな。
という理由もありますが。

スペック

では無印miniを選んだ理由も書いたので、さっそくスペックから見ていきましょう。

スペック
再生時間 連続15時間
Bluetooth 4.0
AUX 対応
サイズ 67×67×67mm
重量 215g
防水 なし
ラジオ FMラジオ
SDカード microSD
マイク あり(ノイズキャンセリング)

結構多機能ですね。

FMだけとは言えラジオが聴けるし、microSDを差せばスマホを繋がなくても音楽が聴けちゃう。

マイクも付いており、これは商用車などの車にスピーカーとして置いておけばハンズフリーとしても使える。

よっし
よっし

実際僕が買った一番の理由は仕事の軽バンで使いたい為だったりする

開封

では恒例

よっし
よっし

開封の儀!

まずは外箱

シンプルにANKERの文字。

箱を開けると付属品とAnker Soundcore mini本体が登場

付属内容は

  • 本体
  • 説明書
  • 充電ケーブル

いたってシンプル。

それにしてもかなりコンパクトだなぁという第一印象。

本体を詳しく見る

本体を詳しく見ていきましょう。

正面はこんな感じで

音量、再生ボタンのみ

裏側が

物理ボタンで左から

  1. モード切替
  2. 電源スイッチ
  3. AUX
  4. 充電
  5. microSD

となっています。

マイクも一番左に付いていますね。

サイズ

一応実際に測ったので載せときます。

円形なので測りづらいですが、スペック通りの67×67mmで間違いないですね。

重量

重量も一応

スペックでは215gでしたが、実際は202gでした。

誤差の範囲なので気にしなくても大丈夫ですね。

実際に使ってみる

実際にAnker Soundcore miniを使ってみました。

結果としてはこのコンパクトサイズなのに結構な高音質で大満足。

音質の特徴などをレビューしていきます。

質感

手触りは悪くないです。

外装はアルミっぽい素材で出来ておりサラサラしています。

よっし
よっし

指紋も付きにくいね

Anker Soundcore mini本体の底は耐震マットのような滑り止めが円形に付いており、机に置くだけで割としっかり固定出来ます。

見た目も安っぽさがなく、他の人が見ても一見安いスピーカーには見えません。

音質の特徴

音質はかなり高音寄り。

音楽を聴くとアーティストの歌声がかなり鮮明に再生されます。

正直歌声の綺麗さでは、僕が持っているすべてのスピーカーで一番綺麗に聞こえます。

ただ逆に低音は出ないですね。

低音が強めの音楽を聴いてみましたが、多少ドンドンは鳴るもののほぼ低音が出ていないレベル。

よっし
よっし

さすがにこのサイズで低音は無理があるね

僕は元々このサイズでは低音弱いだろうなぁと思っていたので、「やっぱりそうか」と言う感じで納得しています。

ただ高音については相当綺麗に出るので、低音より高音派!!
という人はかなり好みな音質だと感じます。

音量

音量MAXは爆音です。

このサイズから想像できないほど爆音です。

よっし
よっし

壁ドンに注意!

FMラジオ

スマートスピーカーでは珍しくラジオ機能が付いています。

といってもAMは聞けず、FMのみです。

ただし本体だけでは聞けず充電ケーブルを接続した状態じゃないと電波をキャッチ出来ません。
(USBケーブルがアンテナ代わり)

充電していなくてもとりあえずケーブルさえ接続しておけばFMラジオを聴けるので、作業しながらラジオを流す。
という使い方も出来ます。

ちなみにUSBケーブルは付属以外のものでも大丈夫です。

まとめ

Soundcore miniは低価格なのに多機能、高音質で大満足という結果でした。

ここまでコンパクトだと置き場所もどこでもいけるし、僕みたいに仕事の社用車のオーディオがほぼ機能していない人なら車内用スピーカーとしても使えます。

よっし
よっし

マイクも付いてるからハンズフリーも対応してるし!

音質は低音はいらない!高音が綺麗に出るほうが好き!

という人にはかなりベストなBluetoothスピーカー。

僕は低音厨ですが、こんなに高音が綺麗ならこれでも満足かな。
そもそも車で聞いてればちゃんとしたオーディオじゃないと低音なんてかき消されますからね。

ということで今回は
安すぎ!Anker Soundcore miniの魅力「レビュー」

のレビュー記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

では、またの~

コメント