「ANKER SoundCore2」コスパ良しのBluetoothスピーカーだ「レビュー」

スピーカー

みなさんこんにちは!
管理人のよっしです。

さて、Bluetoothスピーカーと言ってもたくさんの種類がありますよね。

安い物から見るとゲームセンターのクレーンゲームで取れるBluetoothスピーカー中華製の謎に安いBluetoothスピーカー

高い物を見るとSONYやBOSEの有名メーカーのBluetoothスピーカー。

よっし
よっし

安物のスピーカーは総じて〇ソ!

実際クレーンゲームなどで取れるスピーカーなんてゴミ同然な物ばかり。

かといってAmazonで売られている怪しいBluetoothスピーカーもちょっと…

という人にコスパが高いメーカーがあるじゃないか。

そう。ANKER製のBluetoothスピーカー。

ANKERといえば中華製の中でもトップクラスに信頼度が高い(個人的に)メーカー。

その中で目に止まったBluetoothスピーカーが ANKER SoundCore2。

ちょっと前にANKERのワイヤレスイヤホンAnker Soundcore Liberty Air 2を買ってみたのですが、これがかなり良くて同じSoundCoreシリーズだから良さそう!という理由もあります。

そもそも見た目が人気メーカーBOSEのBluetoothスピーカーに似てるという個人的な好みもありますが、とりあえず買いました。

よっし
よっし

ちょっと似すぎでは・・・?
まあいいや

今回はこのANKER SoundCore2の音質、見た目や質感を実際に使ってレビューしていきます。

スペック

まずはスペックから見ていきましょう。

スペック
再生時間 24時間
防水 IPX7
Bluetooth 5.0
AUX 対応
サイズ 168×47×56mm
重量 414g

再生時間は連続24時間というのが驚き。

よっし
よっし

せいぜい10時間くらいだと思ってたよ

ここまで連続再生出来ればバッテリー切れの心配もほぼないと言える。

そして防水性能がIPX7。

チェックIPX7は水深1m程度で30分沈んでいてもOKな目安

経験上、ちゃんとしたIPX7であれば風呂場で使っても壊れませんでした。
(※信頼あるメーカー品。)

ANKERはそのあたりはしっかりしたメーカーだと思っているので風呂に入りながら、シャワーを浴びながら使えるというのは非常に嬉しい点。

開封

ということで開封していきます。

よっし
よっし

恒例、開封の儀!

まずは外箱

まあ外箱は普通ですね。
開けるとANKER SoundCore2の登場です。

入っている内容が

  • スピーカー本体
  • 説明書
  • 充電ケーブル

というシンプルな内容。

ANKER SoundCore2自体難しい操作もないので、説明書の内容は各国の言語で書かれた簡単な内容ですね。

本体を詳しく見る

もう少し本体を詳しく見ていきましょう。

上記で画像を貼ったように正面にはデカデカと「ANKER」の印字。

これは人気の「BOSEコンパクトスピーカー」と似ていますね。

よっし
よっし

リスペクトなのかパクりなのかは考えないでおく。

操作パネルは上側に付いていて

電源、音量、再生ボタンのシンプルな構造。

Bluetoothボタンは基本使わないので、普段使うボタンは3つですね。


裏にもANKER

横に充電差し込み、AUXがあり、防水ということで普段はカバーで覆われています。

カバー自体しっかりハマるタイプなので、防水は本当っぽい。

サイズ

スペック表にも書いていますが、一応サイズも測ったので載せておきます。

スペック表で書いたように
168×47×56mm

で間違いなさそうです。

重量

重さも一応量りました。

重さはスペック表の414gより若干軽い結果でした。

まあ誤差ですね。

持った感じズッシリとした、ほど良い重さで良い感じです。

よっし
よっし

軽いスカスカより嘘でも重いほうがしっかりしてる気分になるね

実際に使ってみた

外観は十分解説したので、実際にANKER SoundCore2を使ってどう感じたのか?
をレビューしていきます。

結果としては満足と不満が両方あるので、贔屓なしで書いていきます。

質感

質感は非常に高いです。

この価格帯でこの質感は他にないんじゃないか?
と思うくらい。

友人1
友人1

と言うと?

質感が高いポイントが

  • 手触りが良い
  • 高級感のある見た目
  • しっかりしてる作り

です。

ANKER SoundCore2本体がプラスチックっぽさがなく、滑らないゴムっぽい加工がされています。

よっし
よっし

難点としては指紋が付きやすい

そして適度な重量でしっかりしており、360度どこを見ても5,000円で買えるBluetoothスピーカーとは思えない質感。

触り心地、見た目ともにかなり高評価です。

音質

肝心の音質ですが

コンパクトサイズ、低価格でこの音質はさすが。

普段スマホのスピーカーから音楽や動画の音声を流している人なら感動するでしょう。

高音寄りとも、低音寄りとも言いづらい非常にバランスが取れている音質です。

ただし過度な期待は禁物。

マイナスな点を挙げると

低音がそこまで強くない

というところ。

スピーカーの大きさ上限界はありますが、普段BOSEのPCスピーカーを使っている僕はどうしてもこれと比べてしまいます。

比べる値段ではないですが、ANKER SoundCore2もある程度強めに低音が出ると思っていた僕は

よっし
よっし

ああ、さすがに低音は脳に響くほど出ないか

と、少しだけ拍子抜けしました。

とは言え僕みたいな低音厨でない限り、十分低音は出ているので大丈夫です。

ただ低音厨が低音を期待して買うと、ちょっと拍子抜けするので注意が必要です。

音量

音量はMAXで爆音です。

アパートなら100%壁ドンが来るレベルなので、調子にのって音を上げすぎないようにしましょう。

よっし
よっし

試しにMAXにしたらヤバかったよ・・・

ダブルスピーカーにも出来るが・・・

実はこのANKER SoundCore2

もう一つ同じANKER SoundCore2を買うと同機種で接続でき、左右から音を出しサラウンドのような使い方も出来ます。

友人1
友人1

なるほど!
じゃあ二つ買えばさらに音を楽しめるな!

うん。
そうなんですけどね。

5,000円のBluetoothスピーカーを二つ買って10,000円。

だったら最初からその値段で別のBluetoothスピーカー買えば良くね??

と思うのは僕だけでしょうか。

Bluetoothスピーカーの良さはコンパクトというところ。

このコンパクトな良さを潰して二つ使うよりは、一つでもっと高音質のコンパクトスピーカーを買った方が良いと思うのですが・・・

というかANKER SoundCore2は横に広いスピーカーなので、二つ左右に並べると普通に邪魔になるぞ。

まとめ

ANKER SoundCore2は非常にコスパが高く、初めてBluetoothスピーカーを買う人にはオススメできるスピーカーです。

防水ということで風呂場でも使えるし、外に持ち出して濡れても大丈夫。

よっし
よっし

こりゃいいわ

正直BOSEなどのコンパクトスピーカーには敵いませんが、そのあたりは高いですからねぇ・・・。

コンパクトスピーカーに2、3万出すかと言われると・・・

ANKER SoundCore2のような5,000円~10,000円くらいが個人的に丁度良いと感じています。

そのあたりをまとめると
やっぱりコスパ良し、音質文句なしの良いスピーカーですね。

ということで今回は
「ANKER SoundCore2」コスパ良しのBluetoothスピーカーだ「レビュー」

のレビュー記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

では、またの~

コメント