「SOUNDPEATS T2」安いのに負けないノイキャン性能!ただし音質は?

イヤホン、ヘッドホン

Youtubeでも公開中!

激安なのに高いノイキャン性能。じゃあ音質は?「SOUNDPEATS T2」

みなさんこんにちは。

よっし
よっし

ノイキャンの虜、管理人のよっしです。

最近色々なノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドホンに手を出しています。

だってねぇ、ノイズキャンセリングを一回体験するとめちゃめちゃ良いんですもん。

そりゃ色々なヤツ買うでしょ!

ということで購入したのがこれ

SOUNDPEATSのT2ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンです。

なんでこのSOUNDPEATS T2を買ったのかというと

よっし
よっし

安い!この値段で買えるノイキャンイヤホンってなかなか無いぞ!

という理由。

SOUNDPEATS自体、結構音質の良いイヤホンを多く出しているメーカーなので品質は大丈夫か。

ということで今回はこのSOUNDPEATS T2は、本当に使い物になるレベルのノイズキャンセリング性能はしてるのか?

ノイキャンが良くても音質が微妙だと意味がないので、音質、着け心地のチェック

そのあたりを実際に開封レビューしていきます。

スペック

まずはSOUNDPEATS T2のスペックから見ていきましょう。

スペック
対応コーデック SBC、AAC
ノイズキャンセリング 対応
外音取り込みモード 対応
防水性能 IPX6
再生(イヤホン) 7.5時間
再生(ケース込み) 30時間
コントロール タッチ式

という内容。

Amazonで約5,000円という安さなのにノイズキャンセリング搭載。

よっし
よっし

安すぎだろ!

背面はタッチ式なので軽い操作が可能、防水性能も高いということでコスパは非常に良い内容ですね。

あとは使えるレベルの性能であれば嬉しいんですが・・・。

そのあたりを詳しく見ていきましょう。

開封

ではSOUNDPEATS T2を開封していきます。

外箱はなんとなくオシャレな印象。

よっし
よっし

安っぽさは感じられないね

箱を開けるとこんな感じで入ってました。

次に付属品を見ていきましょう。

付属品

付属品は以下の通り。

  • 本体
  • 交換用イヤーピース
  • USB type-c
  • 説明書

という内容。

充電ケーブルとイヤーピースが付属。

説明書にはタッチ操作が記載されています。

本体を詳しく

よっし
よっし

次に本体を詳しく見ていこう

ケースにはこんな感じでイヤホンが収納されます。

ワイヤレスイヤホンにありがちな本体が取り出しにくいということが無く、簡単に取り出すことが出来ます。

イヤホンにはロゴが印字。

イメージしやすいようにマネキン君につけてもらいました。

うどんタイプのイヤホンではないため、非常にスッキリとした見た目になっています。

よっし
よっし

僕はこのタイプのほうが好み

重さ

重さを量ったので見てみましょう。

イヤホン単体は6g。

平均的な重さです。

ケース込みだと48g。

これはかなり軽い。

大きさも手で握ると隠れるくらいのコンパクトさで、持ち運びには便利ですね。

ノイキャン性能を検証

では実際にSOUNDPEATS T2のノイズキャンセリング性能を検証していきましょう。

いくら安くても使えないノイキャンだと全く意味がないので、嘘なく正直にレビューしていきます。

よっし
よっし

普通に使える性能だと嬉しいな

気になる点はあるがコスパは抜群

ということで

  • 室内
  • 工事音
  • 車の音

こんな内容での検証。

結論から言うとかなり優秀。ちゃんと雑音を消してくれます。

室内ではPCファンの音や細かい雑音はほぼ無音レベルに、テレビの音はかなり小さくなりました。

よっし
よっし

こりゃびっくり!

家の目の前で行われている工事音もかなり小さく除去、車の音も気にならないレベルまで消してくれます。

朝から行われている工事音で二度寝が出来ない状況でしたが、ノイズキャンセリングのおかげで二度寝に成功。

それくらいちゃんとノイキャンしてます。

ただ気になる点が一つ。

若干ホワイトノイズがあります。

だから耳栓代わりとしてイヤホンを着けるだけだと力不足。おすすめはしません。

ただこれには解決法があって、小さい音でいいから何かしらイヤホンから音を流すことでホワイトノイズは気にならなくなります。

よっし
よっし

相殺するイメージだね

この方法なら耳栓代わりとして優秀な使い方が可能です。

外音取り込みも優秀

続いて外音取り込みモードについて。

外音取り込みも非常に優秀です。

しっかりと人の話し声も聞こえますし、外では危険な車の音も聞こえるように。

よっし
よっし

外では周囲の音が聞こえないと危ないからね

ノイキャンも大事ですが、それと同じくらい外音取り込みモードは重要だと考えています。

だからその点については合格。なにも文句はありません。

外音取り込みモードは安心して使うことが出来るでしょう。

音質について

次にSOUNDPEATS T2の音質についてお話していきます。

よっし
よっし

いくらノイキャンが優れていても肝心の音質も良くないとね

そう。これでクソ音質なら全く意味のない高級耳栓になってしまう。

実際に外出時SOUNDPEATS T2を使ってみたので正直にレビューします。

同じ価格帯のイヤホンには負ける

結論から言うと同じ価格帯のワイヤレスイヤホンには音質が劣ります。

よっし
よっし

ノイキャンだけか!?

まあ冷静に考えてみましょう。

ノイズキャンセリング性能が良くて音質も完璧・・・!

そんなイヤホンが安価で手に入りますか?

ということですね。

例えば前にレビューしたほぼ同じ値段のイヤホン。こっちのほうが音質は上。

いや、決して音質が悪いという訳ではないですよ。

ただ別に音質良い!みたいなことにはならない感じ。

逆を言えば音質にそこまでこだわりが無い人には神のようなイヤホンに思えるでしょう。

僕の率直な感想は全体的にフラットすぎる音質。

低音はあまり強くはなく、高音も普通。マジフラット。

どんな人におすすめ?

ではこのSOUNDPEATS T2は

どんな人におすすめなの?

という疑問点が上がってくるでしょう。

ずばり耳栓代わりにも使える安いワイヤレスイヤホンが欲しい!

という人には相当おすすめ出来るノイズキャンセリングイヤホンです。

よっし
よっし

なんせめっちゃ安いからね

例えば寝るときにリラックスして使いたい、カフェで集中したいなど・・・

音質を気にする場面よりは集中やリラックスするときに使用することをおすすめします。

逆に言うとガンガン音楽を聴いて音質にもこだわるぜ!

という人には微妙な結果になるでしょう。

そんな人にはこいつをオススメする。

レビュー記事↓
「Liberty Air 2 Pro」他メーカー涙目!ノイキャン性能が凄すぎる「レビュー」

まとめ

SOUNDPEATS T2を実際に使ってレビューしていきました。

Amazonで5,000円程で買えるノイズキャンセリングイヤホンとしては相当高性能で、ノイキャンだけで見れば高価なイヤホンと遜色はなし。

ただし音質はそれなりで、同じ価格帯のイヤホンには負ける性能なのでそこは天秤にかける必要あり。

音楽をガンガン聴く人ではなく、リラックスや集中するときになんとなく音楽を聴きながら使う。

というのがSOUNDPEATS T2の一番有効な使い方ではないでしょうか。

少なくとも僕はそう感じました。

ということで今回は

「SOUNDPEATS T2」安いのに負けないノイキャン性能!ただし音質は?

のレビュー記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

では、またの~

コメント