「Studio Pro Pro-50」5,000円代で買えるヘッドホンだが音質はどうだ?

イヤホン、ヘッドホン

Youtubeでも公開中!

「OneOdio」StudioPro Pro50ヘッドホンをレビュー。音質、付け心地は?

みなさんこんにちは!
自称多趣味の管理人よっしです。

僕は今まで色々なイヤホン、ヘッドホンを使ってレビューしてきました。

よっし
よっし

激安から4万オーバーと様々!

当然中には安物買いの銭失いと言えるほどクソなヘッドホンもあったし、

安くてもめちゃくちゃ音質が良くて当たりのイヤホン・ヘッドホンもいくつかありました。

ちなみに現在僕がメインで使っているヘッドホンはSONYのWH-1000XM4。

値段も4万円オーバーと結構良い値段のするヘッドホンです。

でもね、良い値段のするヘッドホンが良い音質なのは当たり前の話で。

よっし
よっし

僕が狙うは安くて良い物

みなさんも好きでしょ?
安くて良いもの。

そこで今回レビューするのが、OneOdioのStudio Pro Pro-50

OneOdioさんからご提供いただきました。
ありがとうございます。

ということで実際に使って音質、装着感などレビューしていきます。

OneOdioはどんな会社?

OneOdioはヘッドホンを中心に販売している中国のメーカー。

公式サイト
https://www.oneodio.com/

日本語は現在準備のようで、そのうち公開される予定とのこと。

よっし
よっし

日本語に対応したらもっと親しみやすくなるね

開封

では開封をしていきましょう。

まずは外箱がこちら

箱を開けるとStudio Pro Pro-50ヘッドホン本体はポーチに入っていました。

よっし
よっし

ヘッドホンポーチって地味にありがたいんだよね

本体を詳しく見る

ということで次に本体を詳しく見ていきましょう。

見た目は
これで4,000~5,000円か?

というくらい質感が高いですね。

 

イヤーパッドの中はちょっとオシャレな感じ。

 

実際に頭に付けたイメージ。
生首君に着けてもらいましょう。

決してスリムな見た目ではありませんが、これはこれで良い。

付属品

では付属品を見てみましょう。

  • 本体
  • AUXケーブル(ミニプラグ)
  • AUXケーブル(標準プラグ)
  • 説明書

という内容。

AUXケーブルは二つ

ちなみにStudio Pro本体にAUX差し込み口が二つあり、二つのAUXを接続すると同時に異なる音源を聴くことが出来ます。

ということは

スマホを繋げて音楽を聴きながら、アンプも繋いでギターの練習もする・・・。

なんてことも出来る訳ですね。

よっし
よっし

同時に音を聴けるってなかなか無いから良いね

ちなみにミニプラグAUXにはマイク・再生コントローラーも付いています。

これで曲の再生・停止もコントロール可能です。

重さ

重さも量りました。

重さは267gと軽量級。

純粋な重さで見ると、長時間使用でも疲れることはなさそうですね。

音質

ということでみんなが気になる音質ですね。

実際にStudio Pro Pro-50を付けて音楽聴いてみました。
色々他のヘッドホンと聴き比べてみながら。

僕が求めるのは、安くて割と音質が良い!
と感じられること。

よっし
よっし

完璧じゃなくても許容して使えるものを求める

高音は?

まずは高音。

よっし
よっし

個人的にStudio Pro Pro-50の特徴はこれだ

Amazonや他のレビューもチラッとだけ見ましたが、みんな低音が強い!と書いていました。

実際に聞いた感じだと高音がめちゃくちゃ強調されていて、結構聞き取りやすい音質な印象。

女性ボーカルの音楽だと特に綺麗に聴こえますね。

どちらかというと、高音寄りの音質だと感じます。

低音は?

始めに言っておきます。
僕は低音厨です。

よっし
よっし

低音!低音は命!

その低音厨の僕がStudio Pro Pro-50を聴いて素直に答えると

低音は特に強くはない。

友人1
友人1

え?じゃあ低音弱いの?

いや、別に弱い訳ではないですが

僕が今使っているヘッドホン、今までのヘッドホンと比較すると、そこまでズバ抜けて低音が強くはないということ。

低音に関しては同価格帯でも同じくらい低音が出るヘッドホンもあるので、ズバ抜けて良い!とは言えないかな。

誤解を招かないように一応言っておきますが、低音は特段強くないだけでしっかり出ますよ。

価格帯としての音質は?

Studio Pro Pro-50は約5,000円くらいのヘッドホンですが、同価格帯のヘッドホンで比べるとかなり良い音質です。

僕が持っている同価格帯のヘッドホンで

Ankerのヘッドホン、超ロングセラーヘッドホンPortaProと比べると

Ankerヘッドホン=Studio Pro Pro-50>PortaPro

ってな感じで、結構聞きやすいヘッドホンです。

だからこの価格帯では見た目、音質共に評価は高い。

ただ流石に僕がメインで使っているSONYのWH-1000XM4と比べると・・・

っていうのはありますが

よっし
よっし

価格差が大きすぎて比較対象にならないので言わない。

この価格帯では高コスパですね。

付け心地

音質は個人的に満足。

次にヘッドホンとして大事なのが付け心地ですね。

よっし
よっし

長時間付けてても疲れないのが良いよね

ただちょっと問題が・・・
ということで見ていきましょう。

ちょっと伸びが足りない

ちょっとね、これは僕の頭がデカいのが問題な気がしますが、ちょっと伸びが短いと感じます。

よっし
よっし

なんせ僕はほとんどのヘッドホンで最大まで伸ばして使ってるからね・・・

こうやって見ると割と伸びるように見えますが、

Studio Pro Pro-50本体が割とコンパクトに収まっているので、伸ばしてもちょっと足りないんですよね。

小顔の人は問題ありませんが、僕みたいな顔と頭が大きい人にはちょっと足りない可能性あり。

結果フィット感が

イヤーパッドのクッション性は問題ありません。
むしろ良いくらいです。

ただ先程書いたようにちょっと伸びが足りない問題で、

頭に押し付けるような感じの装着になってしまうのでフィット感がイマイチに。

※何度も言うけど僕の頭がデカいので

無理やり付けると

こんな感じで上部が凹むような感じに・・・

よっし
よっし

これはもう少し伸びるように改善してほしい点

まとめ

フィット感こそ僕の頭が大きいばかりに辛口になりましたが、音質に関してはこの価格帯では非常に良い音質。

特に高音が強調されて出ているので、非常に聴きやすい音質だと感じました。

低音も普通に出るし(低音厨には物足りないかも?)、バランス重視・低価格で買うならStudio Pro Pro-50は良い買い物になります。

よっし
よっし

同時に二つの音源聴けるのも魅力だよね。
特にギターの練習とかは捗りそう。

結局5,000円代のヘッドホンは

友人1
友人1

コスパの良い最高音質のヘッドホンが良いな!

という要望が多い気がします。
この値段って絶妙なんですよね。一番出しやすい金額だし。

その点で言うとStudio Pro Pro-50は「コスパの良い高音質」でした。

この価格帯で色々ヘッドホンを探している人はぜひ検討してみてはいかかでしょうか。

ということで今回は

「Studio Pro Pro-50」5,000円代で買えるヘッドホンだが音質はどうだ?

のレビュー記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

では、またの~

コメント