驚愕のレビュー件数!TOZO T10ワイヤレスイヤホンを買ってみた。T6との違いは?

イヤホン、ヘッドホン

みなさんこんにちは!
管理人のよっしです。

以前Amazonで怪しすぎるワイヤレスイヤホン「TOZO T6」を買ってレビューしました。

このTOZO T6はレビュー件数1万越えのクッソ怪しいイヤホンでしたが実際使ってみると音質、機能面でかなり質が良かったです。

よっし
よっし

予想外にね

その音質の良さから普段使いしているほど。

で、そのTOZO T6の兄弟機種
TOZO T10というのもあるんですよ。

それがねまたAmazonレビューが怪しいのなんの・・・

友人1
友人1

絶対サクラ商品でしょ

とはいえT6が予想外に良いワイヤレスイヤホンだったので悪くはないはず。

ということで検証も兼ねて、期待と疑惑の中購入。

今回はこのTOZO T10の使用レビュー、似た商品TOZO T6との比較をしていきます。

 

 

圧巻のレビュー2万超え!?

TOZO T6のときもそうでしたが、このTOZOシリーズはレビュー数が異常です。

T6は1万超えでしたが、T10はなんと2万超え!!!

よっし
よっし

圧巻!!人気商品すぎるww

・・・な訳あるか。

こういうレビュー数はほぼ100%サクラです。
ということで恒例のサクラチェッカーに通してみます。

結果は・・・

 

 

まあ当然そうですよ。
安定のサクラ率90%。

よっし
よっし

チェッカー通す前から分かってたけどね

とはいえTOZO T6もサクラ90%でしたが良いワイヤレスイヤホンだったので、まだなんとも言えない。

スペック

とりあえずスペックを見ていきましょう。

仕様
防水 IPX8
Bluetooth 5.0
再生時間 イヤホン4時間
再生合計 本体合計14時間
ワイヤレス充電 対応

T6の時も書きましたが防水性能はあまり信用しないこと。

商品ページを読む限り
「水深1mで30分の防水」

と書かれていますがその基準だとIPX7程度だし、本当に耐えるのかも怪しい。

ワイヤレス充電対応はこの価格帯では珍しいですね。

開封

では

よっし
よっし

開封の儀!

まず外箱から

ちょっと思うんですが、なんで中華製の商品って決まって電撃描かれてるんですかね?笑
これだけで中華製だと分かってしまうよ。

 

箱を開けると綺麗に収納されていました。

次に付属品を見ていきましょう。

付属品

付属品を並べました。

  • 本体
  • イヤーピース
  • 充電ケーブル
  • ストラップ
  • 説明書

という内容。

交換用イヤーピースはS、M、L、XLの4つ。

説明書は機械翻訳っぽい日本語ですが、普通に理解できるレベルなので無問題。

見た目

本体の見た目を詳しく見ていきます。

ケースは長方形タイプで

蓋、イヤホン収納共に磁石タイプでパチっと綺麗にはまります。


下が充電

イヤホン本体が

こんな感じで側面に物理ボタンが付いています。

よっし
よっし

タッチ式ではないのね

サイズと重量

次に重量です。

  • イヤホン

4~5gをうろちょろしていましたが、約4gということにしましょう。

  • ケース

ケースは約65g

ケースが大きい分重量もそこそこあります。

  • サイズ

  • 長さ 約9.5cm
  • 横 約4.5cm
  • 高さ 約3.5cm

そこそこサイズ感はあります。

持ち歩くならちょっと大きいかな。

物理ボタンについて

TOZO T10にはイヤホン本体に物理ボタンが付いています。

機能としては

  • 音楽再生時1クリックで停止、再生
  • 電話がかかってきたとき1クリックで応答
  • 電話を切るときも1クリック
  • 着信拒否2秒長押し
  • ダブルクリックでリダイヤル
よっし
よっし

ん?音量調整と曲のスキップは?

ん~、これがないみたいなんですよね。

説明書に載ってない裏機能的なのを期待して色々試してみましたが、やっぱり上記の機能だけみたいです。

物理ボタンは音楽というより通話特化になってしまってますね。

音質はどう?

音質はTOZO T6同様、普通に良いです。

この価格帯にしては低音も良く出るし。

Ankerのそこそこ値段のするワイヤレスイヤホンと比較しても遜色ないレベルで

よっし
よっし

サクラ商品のくせに音質はやっぱり良いな

と、普通に満足。

物理ボタンの機能性はいまいちでしたが、やはり値段以上の高音質でこれなら初めてワイヤレスイヤホンを買う人でも満足は出来るでしょう。

T6との比較!どっちが買い?

似た商品のTOZO T6とTOZO T10。

友人1
友人1

Amazon見てるけど、実際どっちが良いのよ

というあなたにズバリお答えします。

TOZO T6がおすすめです。

それはなぜか?

本記事のTOZO T10がTOZO T6に勝っている機能はワイヤレス充電だけです。

比べてT6はワイヤレス充電こそ対応していませんが

  • イヤホンがタッチ式で多機能
  • 本体がT6のほうが軽い
  • 気持ちT6の方が高音質な気がする

という理由があります。

T6は音量調整、曲のスキップも出来るし、個体差かもしれませんがT6のほうが音質が綺麗に感じました。

まあ極端には変わりませんよ。T6を普段から使っているからそう感じてるだけかもしれませんが。

でも大きな理由としてはやっぱりタッチ機能面での違いですよ。

値段はほぼ同じなのにT6のほうが多機能。
これだけでT6を買う理由になります。

そしてコンパクト。

ワイヤレス充電なんて使ってる人少ないし。
少なくとも僕は使わんし。

ということで迷ってるならT6ですね。

まとめ

レビュー件数こそ2万越えという怪しさ抜群ですが、音質に関しては価格を考えるとかなりコスパの高いワイヤレスイヤホンです。

とはいえ兄弟機種のTOZO T6のほうが多機能で、よっぽど

よっし
よっし

ワイヤレス充電をしたい!

という理由がなければT10ではなくT6を買った方が無難。

音質に関してはほぼ一緒なので、結局は好みですが僕はT6のほうをおすすめします。

というか聞けば聞くほど、値段の高いワイヤレスイヤホンじゃないのに本当に音質良いよなぁ・・・

としみじみしてしまいます。

ということで今回は

驚愕のレビュー件数!TOZO T10ワイヤレスイヤホンを買ってみた。T6との違いは?
のレビュー記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

では、またの~

コメント