「SONY α6000」コスパ最強ミラーレス!ブログやYoutubeで活躍出来るか!?

ブログ

詳しい映像はYoutubeから!

コスパ最強ミラーレスSONY α6000!動画性能をチェック。iPhoneと比較は?

みなさんこんにちは!
最近多趣味になりつつある管理人のよっしです。

ブログ、Youtubeを始めてからずっと思っていたことがありました。
それは

よっし
よっし

カメラ欲しいなぁ

スマホでよくね?
って声が聞こえてきそうですが、そういう問題じゃない。

やっぱりですね、大手ブログや大手Youtuberを見ていると

よっし
よっし

画像、動画の質が圧倒的に良い!

スマホでも十分綺麗な写真や動画を撮れるのですが、やっぱり一眼レフやミラーレスと比べると雰囲気が違うということに気づきました。

そこで単純な僕はあることを思う。

よっし
よっし

ミラーレス買って画像・動画の質上げて、雰囲気だけでも大物になろう!

やっぱり雰囲気って大事じゃないですか。

高品質の画像・動画低品質の画像・動画なら高品質のほう見るでしょ?
そういうことです。

ただ最新のミラーレスを買うとなるとバカ高い。
普通にカメラ初心者がポンッと出せる金額じゃありません。

となると型落ちカメラが狙い目。

調べるとどうやらSONYのミラーレスは評価が良いらしい。

その中でも入門向けのミラーレス
α6000が価格、性能を見ても良さそう。

よっし
よっし

・・・ポチ

ということで買いました。
SONYのα6000。

今回はこのα6000を使って、今まで僕のメインカメラだったiPhoneXと画像・動画の比較をしていきます。

果たして本当に雰囲気良く撮れるのか!?
比較しましょう。

コスパ最強!?買った価格

今回買ったα6000は発売日が2014年3月14日。

実は結構前のカメラなんですよね。

よっし
よっし

大丈夫か?

まあカメラは多少古くても腕次第でカバー出来る!
というのを良く聞くので大丈夫だろう。

・・・・・
練習すれば上手くなるはずだから大丈夫。

話がそれましたが、やはり型落ちカメラなので他のミラーレスと比べると安いです。

ちなみにα6000の後継機、α6100が発売されていますが新型だけあってちょっと高い。

比べてα6000だと新品が本体のみで54,900円+税
ダブルズームレンズキット(レンズ二つ)で84,900円+税

僕はカメラを買うのは初なのでレンズも必要になります。

となると普通にちょっと高い。
どうしたもんか・・・と考えた結果が中古。

初カメラだし中古で十分じゃん。ということでメルカリで探すと発見。

ダブルズームレンズキットで53,000円。

よっし
よっし

こ、これは買いだ!

即決しました。
だって5万円で本体+レンズ二つだよ?買うでしょ。(相場は知らん)

それに普通に最新のカメラで同じセット買うと恐ろしい金額になりますからね。
それを考えると激安。

ということで届いたα6000がこちら

よっし
よっし

いいでしょ!

中古と言うことで本体に多少の傷はありますが、写真・動画を良く撮る目的なので問題なし。

ということで次に重要な

本当に雰囲気良く撮れるか、iPhoneとの比較をしていきます。

よっし
よっし

スマホで十分!という意見を覆したい

室内で撮影してみる

個人的に室内で撮る写真が一番差が出ると思っています。

なぜならiPhoneはちょっと暗い場所で撮影すると画像にノイズが出る。

よっし
よっし

外だと綺麗なんだけどね

このノイズが見る人にとっては不快だと僕は考えるので、そのあたりを比較していきます。

※両方ともブログ用で画像サイズを相当圧縮してますのでご了承を。

照明下

まずはいつもレビュー用商品を撮影しているテーブルでの比較。

モデルはトゥーンリンクちゃん。

  • iPhoneX

  • α6000

照明下ではiPhoneも綺麗ですね。

ただiPhoneは後ろもくっきり写っているのに対して、α6000はボケが出ています。

商品レビューするにあたって対象物がハッキリと写ることで、見る人が商品画像に集中出来ると思います。

iPhoneでもポートレートを使えばボケますが、この撮影環境では近すぎてポートレートが使えません。

それがiPhoneの弱点でもありますね。

よっし
よっし

商品もこれで見やすいんじゃないかな

薄暗い場所

次にちょっと薄暗い場所での比較。

ここが一番差が出るのではないかと思います。

  • iPhoneX


近くから


遠くから

  • α6000


近くから


遠くから

やはり薄暗い環境ではハッキリと差が出ました。

一枚目の近くで撮ったトゥーンリンクを見てみると

iPhoneは全体的にちょっとザラついた写りになっていますが、α6000は滑らかに写っていますよね。

二枚目の離れて撮ったトゥーンリンクだと

iPhoneは暗め、α6000は同じ状況で撮ったと思えないほど明るく写っています。

よっし
よっし

当然フラッシュとかは一切やってないよ

画像をズームしてみると特に差は大きく、

iPhoneはかなりザラザラな写り。
α6000はほぼザラつきが気にならないレベルで撮れていますね。

ミラーレスはシャッタースピードやISO感度を調整すると暗くても明るい写真が撮れるんですよねぇ。

これは見やすくてかなり良い。

動画の比較

次は動画の比較。

正直iPhoneも動画はめちゃめちゃ綺麗でYoutubeに載せても全く違和感なく見れますが、やはり違いはあります。

映りの違いは動画でぜひ確認してください。

室内ならα6000の圧勝

やはり室内での撮影ならミラーレスα6000の圧勝です。

蛍光灯の真下での撮影であればiPhoneXでも綺麗に撮れます。ノイズもそれほど出ずに。

ただiPhoneだと、少しでも薄暗くなってくるとあからさまにノイズが出ます。

※動画からスクショ

  • iPhone

  • α6000

これはセンサーサイズの違いもあるので仕方がないことですがね。

比べてα6000はちょっと薄暗くても、設定さえしっかりすればノイズが無い状態で撮れます。

よっし
よっし

これよこれ!

僕がミラーレスを買う決め手になったのがこのノイズ。

以前ちょっと薄暗い状態でiPhoneXのカメラで動画を撮った時に、動画にブツブツノイズが映りこんでいました。

自分で確認してもちょっとゲンナリしてしまったんですよね。

よっし
よっし

やっぱり綺麗な映像のほうが見る側も違和感なく見れるよね。

その点さすがのミラーレス。
α6000は薄暗くても設定次第で綺麗に撮れます。

やはり室内での動画撮影も、ミラーレスのほうが良く撮れます。

日中の外なら正直iPhoneでも良い

ただ明るい昼間での動画撮影は正直iPhoneで十分じゃないか。
と感じました。

iPhoneは周りが明るいと相当綺麗に映るんですよね。
特に設定しなくとも。

その点ミラーレスはいちいち設定を調整しないとだめだし、(オートで撮れば良い話だが)外だとあまり違いは感じません。

日中の外での動画撮影ではiPhoneでいいと僕は思います。

外は良いのですが、ただ僕は基本室内での撮影。

そうなってくるとミラーレスの方が圧倒的に綺麗に映るので、僕みたいな環境で動画も撮る人はミラーレスが良いと心から思います。

結論。ブロガー・Youtuberならミラーレス

α6000を使ってみた感想は、やはりiPhoneよりだいぶ綺麗に撮れるという結果でした。

当然iPhoneでも綺麗に撮れますが、やはり室内での撮影だと大きく差がでます。

よっし
よっし

ノイズがどーーしても気になる

その点α6000は室内でもシャッタースピードを落とすなど、設定さえ間違えなければめちゃくちゃ綺麗な写真・動画が撮れます。

やはりブロガー・Youtuberは人に見てもらうもの。

ちょっと綺麗な画像・動画よりも、かなりきれいな画像・動画で撮った方が信用も上がるような気がします。

エセブロガーだろうが底辺Youtuberだろうが、常に細かい所を意識して投稿した方が伸びる可能性も上がったり・・・なんて。

最後に

α6000、iPhoneで比較してきましたが

当然ミラーレスのα6000のほうが綺麗に写真・動画が撮れました。

ただミラーレスは値段が高い。
という金銭的な問題もあるので無理には買う必要はないと思います。

iPhoneでも十分綺麗に撮れますからね。

ただ

よっし
よっし

他のライバル達より少しでも違いをつけたい!
もう少し拘りたい!

という人はぜひ検討してみましょう。

僕はとりあえず雰囲気だけでも上位の人に近づきたい・・・
という理由で買いましたが、正解だったと思ってます。

ということで今回は

「SONY α6000」コスパ最強ミラーレス!ブログやYoutubeで活躍出来るか!?

のレビュー記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

では、またの~

コメント